工法の紹介

※詳しい製品のご説明は、製品名をクリックしていただければ、それぞれのページにジャンプします。

ハイブリッドニーディングⅡ工法

ハイブリッドニーディングⅡ工法は、特殊形状の杭を用いることなく、支持力と施工管理を強化した高支持力杭工法です。また、施工工程に新しい品質管理手法を取り入れ、施工管理を強化しました。これまで以上にコストパフォーマンスの高い環境にも配慮した基礎杭をご提供いたします。

工法の手順


(1)
攪拌バー・練り付けドラムを備えた特殊ロッド及び屈折した2本のアームを有する特殊オーガーヘッドを用いて、適宣掘採水を注入し孔内を攪拌し、練り付けドラムで泥土を孔壁に練り付けながら、根固め部上端深度まで掘削・反復する。

(2)
根固め部の区間に根固め液を注入し、所定の方法で混合・攪拌しながら、根固め球根部を築造する。

(3)
掘削孔に杭周固定液を注入し、孔内を混合・攪拌しながら掘削ロッドを引き上げる。

(4)
そこへ、杭の鉛直度を直角2方向より確認しながら杭を建て込み、自重沈設する。

(5)
圧入及び回転沈設により、杭を支持層へ定着させる。施工完了後、杭頭レベルを確認する。

許容支持力算定式

カタログ ダウンロード(ファイルPDF形式 サイズ2.8MB)